2017年9月28日

学会発表を終えて

2017年日本心理学会第81回大会(福岡県久留米市)

楽伝は、変化の時代に人生を生き抜くことに焦点をあてた教育プログラムの開発と実践を行っております。その活動過程で得た問題意識と知見を発信する活動として、株式会社伝耕と協働し、日本心理学会年次大会における発表を続けております。
今回は922日(金)、4回目の発表となる第81回大会での模様を発表メンバーよりご報告します。

=====

朝いちばん 賑わう会場
ちょうど夏の名残と秋の訪れがとけあった過ごしやすい季節。今年の学会会場となったのは、久留米市中心市街地に昨年開館したばかりの文化交流施設「久留米シティプラザ」。朝一番、なおかつ雨にもかかわらず、ポスター発表の展示会場は、ここ数年での発表風景と比べてもかなりの賑わい。 

我々は、今までキャリアの研究の中で正面を切って取り上げられていない“複数回の転職経験者”に焦点を絞り、彼らの認識・態度・行動パターンを整理することにより、成功する転職経験者に共通するモデル構築を目指している。今回の発表は「キャリアチェンジの主観的成功を形成する要因」と題し、そのモデル構築の仮説づくりを目的とした探索的な内容であった。

「一つの組織で長期間過ごす」ということが現実的ではない世の中に移行し、“キャリアをどのように築いていくか”というテーマには、キャリアを構築する本人が迷うと同時にアドバイスする側にとっても、自らの経験をベースにしたアドバイスが必ずしも奏功しないという問題が起こっている。

キャリアアドバイザーではなくとも、キャリアについてアドバイスを行う可能性のある学校教員や親、上司が、転職というものについて、ファクトを踏まえたバランスの良いアドバイスをすることを求められるが、アドバイスのベースとなる知見は十分ではない。この研究を進展させることによって、その課題に応えていくことができればと考えている。

会場で我々の研究に関心を寄せてくださったのは、アカデミズムの枠を超えて、キャリアについて実践的な研究や研修の視点をお持ちの方々で、今後の研究の進展にもご興味を持っていただいた。発表原稿中ではくわしく触れていないが、今回の探索の中で明らかになった若い世代の夫婦間で進む新しいキャリア形成のありようなどにもご関心をいただいた。

キャリア形成における課題(退職者のセカンドキャリアの形成等)にどのように向き合うべきかについて、それぞれに強い問題意識のもと、これからの働き方について研究されているみなさまや、ご自身のこととしてキャリアというテーマに深い関心をお持ちの方々との交流に我々も刺激をいただいた。

久留米駅前 からくり太鼓時計
郷土の人 からくり儀右衛門の作品がモチーフ
来年の82回日本心理学会は東北大学主催で、場所は仙台国際センターと予定されている。仮説を整えて、モデル構築を狙った量的調査の結果報告ができればと思っている。

ちなみに、堅苦しい発表だけでなく、地方開催ならではの学会の楽しみとして、「ご当地もの」との出会いがあるが、発表会場の周囲や通路には、久留米らしい物産が展示されていた。八女茶の試飲などもあり、楽しく華やいだ雰囲気も楽しめた。
来年の仙台はどんな学会になるだろうか。東北ならではのしつらえが今から楽しみである。 
                          (西道・吉田)
===== 

◆ご参考:これまでの発表
2016年 第31国際心理学会議(ICP・日本心理学会第80回大会(パシフィコ横浜)
 「キャリアチェンジャー(転職経験者)に学ぶ“転換力”」

2015年 日本心理学会第79回大会(名古屋国際会議場)
 「大学生のキャリア開発における自己能力発見過程」

2014年 日本心理学会第78回大会(同志社大学今出川キャンパス)
 「コミュニケーション教育に資するグラフィックツール」「ファシリテーションにおけるグラフィックツールの使用の効果」

*楽伝はコミュニケーション力とキャリアの開発を両輪ととらえ、多様性と変化あふれる社会において力を発揮する人材を育てることを通じて社会に貢献します。

2017年9月14日

研究発表:キャリアチェンジの主観的成功を形成する要因

922日(金)日本心理学会第81回大会(福岡県久留米市)にて

2016年度 ICP31回国際会議&
日心第80回大会にて
2017920日(水)~22日(金)日本心理学会第81回大会が福岡県久留米市(久留米シティプラザ)で開催されます。

楽伝は、変化の時代に人生を生き抜く力を養うことを重視し、子供から社会人までさまざまなライフステージにある人々に向けた、生きる力に関わる多様なプログラムを展開しています。
これらライフキャリアマネジメントスキルの開発と実践の過程で得た問題意識と知見を発信する活動として、株式会社伝耕と協働し、関連する専門領域で活動されている多くの皆さまに共有させていただくため、2014年より毎年、日本心理学会の年次大会にて発表活動を行っております。
2014年度 78回大会にて

今年は大会最終日となる922日(金)午前に「キャリアチェンジの主観的成功を形成する要因」を質的調査に基づき探索した結果について、一般研究発表(ポスター発表)を実施致します。
 
このたびの調査研究は、昨年の第31国際心理学会議(ICP)/日本心理学会第80回大会(開催地:神奈川県横浜市・パシフィコ横浜)にて発表した「キャリアチェンジャー(転職経験者)に学ぶ“転換力”」をスタート地点に、「研究」という領域のみに特化した専門家ではないわれわれだからこそできる実践的研究として試みたものです。

◆2017年922日(金)9:2011:00
 発表テーマ:「キャリアチェンジの主観的成功を形成する要因 質的調査による探索」
 発表:ポスター会場 大会議室

 大会の場で、さまざまな立場からこのフィールドに関わる専門家の皆さまと出会い、刺激をいただくことを理事長・西道広美はじめ、スタッフ一同楽しみに致しております。

当日の様子や学びについては、後日ご報告させていただきます。


2015年度 第79回大会にて
*ご参考:これまでの発表
2016年 第31国際心理学会議(ICP・日本心理学会第80回大会(パシフィコ横浜):キャリアチェンジャー(転職経験者)に学ぶ“転換力”」

2015年 日本心理学会第79回大会(名古屋国際会議場):「大学生のキャリア開発における自己能力発見過程」


*楽伝はコミュニケーション力とキャリアの開発を両輪ととらえ、多様性と変化あふれる社会において力を発揮する人材を育てることを通じて社会に貢献します。


2017年9月7日

【ご案内】小学生のハロウィンイベント『なりきり英語ゲームでハロウィンパーティー』

10/21(土)10:00~12:15 大阪府貝塚市「ほの字の里」で開催!
 
『なりきり英語ゲーム』がハロウィンにやってくる!
子供たちが大好きなハロウィンのイベントをきっかけに、楽しく英語にふれる体験をいかがですか。ハロウィンコスチュームづくりに始まって、ハロウィンなりきり英語ゲームを楽しめる正味2時間のイベントです。

会場は、8月にも『なりきりゲームで英語が楽しくなる講座』が好評だった、大阪府貝塚市の小学校跡を活かした複合リゾート施設ほの字の里

お申込みは先着順の受付です(定員30名)。
ハロウィンは子供たちに大人気!1014日(土)まで限定の《早割》ありますが定員に達し次第、受付終了となります。参加ご希望の方は、どうぞお早めのお申込みをオススメします。
詳しくは下記をご覧ください。


◆小学生のハロウィンイベント!学年・英語経験は問いません
【日時】 20171021() 1000分~1215
             10:0011:00  1部 “ハロウィンコスチュームをつくろう!”
                                             自分だけの魔女のハットやマントをつくろう
             11:0011:15 休憩
             11:1512:15 2部 “ハロウィンなりきりえいごゲーム”
                                            ハロウィンコスチュームで‟なりきりえいごゲーム”であそぼう!
                                            2部に参加したひとにはハロウィンのおみやげプレゼント

【会場】 ほの字の里(〒597-0111 大阪府貝塚市蕎原2114
      小学校跡地を活用し、天然温泉も楽しめ、のびのびと過ごせる複合リゾート施設です。

【お申込み先】 「ほの字の里」 TEL072-478-8777
 
 *《早割》〆切:1014日(土) ただし定員30名に達し次第、受付を終了します。

 

【対象】 小学生全学年 
    *英語の経験・スキルは問いません。
 
【定員】 30名(「ほの字の里」へ申込先着順) 
【進行役】 辻野恵美子/NPO法人らくでん
       英語インプロファシリテータ
【参加費】 お子様12,500円(1-2部) 
 当日受付時にお支払いください。
 ☆早割:お子様1人2,000
   10/14(土)までに1ー2部とも申込みの方限定
   但し定員30名に達し次第、受付終了
  *1部のみ、2部のみの参加の場合:
    11,000円 22,000円(早割対象外)
    仮装をお持ちの方は、2部からの参加も可能です。
    1部のみ・2部のみの参加も可能ですが、あわせて参加いただくと、より楽しんでいただけます。

【持ち物】 ①参加費  ②お茶等を入れた水筒(水分補給用)

◆『なりきり英語ゲーム』とは?
食わず嫌い・苦手意識にとらわれがちな英語ですが、らくでんの《楽しさ重視》の「なりきり英語ゲーム」なら、コミュニケーションが楽しくなり、子供たちの英語への興味が育ちます。

  ◎“なりきって体感”だから英語に飛び込める!
   もともとは海外の文化であるハロウィンの
   英語あれこれもなりきって体感すれば
  ‟感じて、楽しくわかる”

◎“楽しい体験”だから「もっと!」の気持ちが
   湧いてくる!
   1つの正解ありきではない「インプロゲーム」が
   いっぱい♪
  “楽しかった”からこそ、“またやりたい”につながりやすい。

◎わたし・ぼくの“ふだんの言葉”でやるから身近!
   友だちや家族とのいつもの話し言葉(日本語の生活言語)で英語を捉えるから
   コミュニケーションの道具として英語に興味がわきやすい。

◆楽しい体験なことに意味がある!
楽しいときに一番学びが深まるのは、子供もおとなも一緒!
ハロウィンイベントをきっかけに、「なんだかやってみちゃった」⇒「意外とできちゃった(自信の芽生え)」⇒「もっとやってみた(自信)」と、むりなく英語をつかってコミュニケーションする体験をいかがですか。

>>らくでんの『なりきりゲームで英語が楽しくなる講座』についてはコチラ

*楽伝はコミュニケーション力とキャリアの開発を両輪ととらえ、多様性に満ち、変化の激しい現代社会において力を発揮する人材を育てることを通じて社会に貢献します。

Copyright © 2013 Rakuden. All rights reserved